アコムの審査どう?甘い?

アコムの審査は甘い?厳しい?【徹底調査】

アコムの審査基準は甘いと評判?【審査時間はどう?】

カードローンなんてどこも同じでしょ?と思っている方が多いですが、それぞれの金融機関でメリット・デメリットが存在します。

 

こちらでは、アコムのキャッシング・カードローンの特徴や審査状況などを詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

アコムの審査基準は甘い?厳しい?

アコムの審査の厳しさは、他の消費者金融とさほど違いがないと思われます。

 

口コミでは審査が甘い?との噂が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

まずは、申し込みの際に入力(記載)した情報をもとに審査が行なわれていきます。年齢や勤務状態、年収などが審査対象となります。

 

他社ローンの情報も入力しますが、何社からどの程度借りているのか、返済状況に問題はないかなどといった事は、信用情報機関に問い合わせて調査します。

 

信用情報機関というところでは、加盟している消費者金融や銀行などのローン残高、月々の支払状況などがデータとして保存されているため、アコムが申込者の情報を照会すると、他社のローン状況はすぐに分かるようになっています。

 

ということは、審査に通りやすくしようと思い、他社ローンについて虚偽の情報を申告してもバレてしまうということ。よって、申込情報は正確に入力するようにして下さい。

 

≫アコムの3秒診断はこちら

 

アコムの申込条件とは?

アコムの申込条件は以下の通りです。

 

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方

 

年齢は明確に決められていますが、「収入」「返済能力」や「当社基準」などは具体的に公表されていません。

 

ですが、申込前にアコムの『3秒診断』を利用すると、アコムの審査に通るための条件がある程度分かります。

 

そこで、3秒診断に色々な条件を入力してみたところ、融資可能な条件と融資不可となる条件が分かってきましたのでご紹介します。

 

アコムの審査は本当に甘い?【実際に検証しました】

他社からの借入について

アコムでは他社からの借り入れがない場合には、融資可能との判断になります。

 

他社借入が800万円までだと融資可能で、801万円になると「融資可能か判断できませんでした」という表示に変わります。これは、性別を変えても、独身か既婚かによっても変わりませんでした。

 

また、借り入れを行なっている件数が4件を超えると、アコムでの借入総額がたとえ1万円であっても「融資可能か判断できませんでした」となりました。

 

となると、他社からの借り入れは最大3件までで、なおかつ総額800万円までであれば審査に通過できる可能性があると思われます。

 

年収について

アコムでは年収の条件については記載されていませんが、総量規制による制限があります。

 

総量規制とは、個人の借入総額(住宅ローンやカーローンなどを除く)が年収の1/3を超える貸付ができないと規制されているものです。

 

例えば、他社からの借入れがすでに100万円あり、さらにアコムで限度額50万円を申し込んだ場合は、年収が450万円以上ない限りカードローンの審査には通らないことになります。

 

※ただし、おまとめローンについては総量規制の対象外となる場合があるので、状況によっては審査に通ることも考えられます。

 

アコムの審査時間どう?すぐ借りれる?

アコムでは、最短30分で審査回答を受けることができるため、スピード振込にも対応しています。

 

また、店舗窓口や無人契約機「むじんくん」などでは、審査完了後その場でカードが発行され、すぐにお金を借りることができますが、店舗へ行く手間を考えると、自宅で申し込みできるWeb申込みが一番便利なようです。

 

ちなみに最短ではない場合は、平均するとだいたい1時間前後で完了するほどのスピード審査となっています。

 


アコム審査は甘い?に関する疑問【よくあるQ&A】

すぐにお金を借りたいです!どの借り方が一番早いですか?

アコムでは、パソコンやスマホ等を使ってWeb申込みするのが一番早い申込方法です。

 

Web申し込みなら24時間365日いつでも申込みできる上に、自宅や勤務先でもどこでも来店不要で申し込めます。誰にも会わずに手続きできるというのも安心ですね。

 

また、店頭窓口やむじんくんでの申込みでは必要書類の持参が必須で、つい忘れてしまうという方も少なくありません。

 

ですが、Web申込みなら必要書類の提出もスマホや携帯電話のカメラ機能を使ってアップロードするのみでOK。書類送付の手間も時間も一切不要です。

アコムは土日祝日でも審査してもらえますか?

土日祝日でも、アコムでは最短融資で借り入れOK。

 

営業時間内であれば最短約30分で審査が完了するので、借入れまでの時間がスピーディーなところが口コミで評判となっています。

アコムに初めて申し込みます。カードローンもはじめてなんですが、審査にかかる時間はどのくらいですか?

はじめてのカードローンでも、アコムでは最短約30分というスピード審査に対応しています。

 

すでに他社ローンを利用していたり、週末や月末など申込者が多い時期などは時間がかかることもあるようですが、平均するとだいたい1時間ほどで借入れできるようです。

≫アコムの3秒診断はこちら

アコムの審査甘いは本当?【審査に通るコツ解説】

希望限度額を少額にする

はじめてアコムで借入れるなら、必要以上に借り過ぎないのがコツ。

 

申込者の返済能力が分からない状態では、アコムに限らずどの金融機関も高額融資を行なう可能性は低いです。

 

確実にお金を借りたいなら、まずは必要最低限だけ借入れし、必要であれば後々増額申込みをするのが賢い借り方になります。

 

申込時の情報入力を正確にする

カードローンの申込時には、住所や年齢、勤務先や勤続年数などを申告する必要があります。

 

このとき、虚偽の申告をしたり、間違って入力ミスをしてしまった場合には、審査が甘い?と評判のアコムでも審査落ちの可能性が高くなってしまうので要注意です。

 

他社ローンの残高を減らす

すでに他社を利用している場合には、全額返済して完済するか、できるだけ返済残高を減らす努力をしてみて下さい。

 

アコムは総量規制の対象のため、年収の3分の1以上の貸付は行なえません。よって、他社借入があると限度額が少額になるのはもちろん、返済能力の有無を問われてしまいます。

 

他社のローン状況は信用情報機関で共有されている事なので、これを機に信用情報を整理してみてはいかがでしょうか。

 

勤続年数をなるべく長くする

アコムで重要となるのは年収と信用情報ですが、勤続年数も判断材料の一つ。

 

正社員であっても公務員であっても入社したての新入社員では、勤続年数の長いパートやアルバイト社員と比べると信用情報に欠けるようです。

 

数か月の勤続年数でも借り入れできる場合もあるようですが、最低でも1年以上は勤務実績を作っておくことをおすすめします。

 


アコムの審査時に提出が求められる必要書類は?

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証

※上記のうちいずれか一つを提出。

 

※もし顔写真がない書類、または書類の住所と現住所が異なる場合には、「住民票」「公共料金の領収書」「納税証明書」のうち1つを一緒に提出する必要があり。

 

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書(最新年度のもの)

※上記のうちいずれか一つを提出。

 

※アコムで50万円以上借りる場合、または他社借入を含めた総額が100万円を超える場合のみ提出の必要あり。

 

≫アコムの3秒診断はこちら

アコムのメリット・デメリットを調査【審査は甘い?厳しい?】

↓ アコムのメリット ↓
3秒診断で事前にチェック

アコムでは、借り入れ可能かどうかをすぐに判断して結果を教えてくれる「3秒診断」というサービスがあります。

 

パソコンやスマートフォンなどから、生年月、性別、既婚か独身か、他社の借り入れ状況(件数と合計金額)を入力するだけで、借り入れOKかどうかを大まかに教えてくれます。

 

アコムの3秒診断はあくまでも大まかな結果を教えてくれるもの。3秒診断でOKだったからといって、その後必ず借入れできるわけではありません。

 

本申込みを行なってみると分かりますが、3秒診断では入力しない年収や勤務状況など経済的な情報も加味されるからです。

 

※反対に3秒診断で落ちてしまうと、本申込みでも通らない可能性が高くなります。

 

≫アコムの3秒診断はこちら

 

Web申込みが便利

アコムでは、24時間365日いつでもどこからでも申し込めるWeb申し込みがとても便利。平日に限らず土日祝日も時間を気にせず契約できるのは、忙しい方には有り難いサービスですね。

 

来店不要で誰にも会わずに契約できるほか、必要書類の提出も簡単に送れます。

 

アコムの申込み方法については、パソコンやスマートフォンなどでアコムの申し込み用ページに行き、必要事項を記入して送信するだけで完了します。

 

その後ローン審査が行われ、本人確認の電話があります。本人確認書類については、パソコンやスマートフォンのアプリなどを介してアップロードしたり、FAXなどで送ったりすればOKです。

 

はじめてなら30日間金利0円

はじめてアコムを利用する方、返済期日を「35日ごと」契約された方に限り、契約後30日間は金利0円で借入れできるサービスがあります。

 

このサービスを最大限利用するためには、契約後すぐに借りるのがおすすめ。

 

給料日数日前にちょっとだけ借入れし、給料日後にすぐ返済するなど、返済目途が立っている場合には嬉しいサービスです。

 

スピード融資が可能

平日14時までの申込みなら、スピード振込に対応しているアコム。

 

土日祝日を問わずスピード振込できるので、いざという時に役立つカードローンとして人気が高いです。

 

限度額が大きい

アコムの限度額は1万円〜800万円と、消費者金融の中ではトップクラス。

 

多くの消費者金融では、最高融資額を500万円に設定しているところが多いですが、アコムでは比較的大型のキャッシングをすることができます。

 

※ただし、基本的には総量規制の対象のため、年収の3分の1以上の貸付はできないと法律で決められています。

 

いつでも返せて、利息は利用日数だけ

アコムでは、月々の返済期日を待たずにいつでも返済が可能。利息は平日や土日祝などを問わず利用した日数分だけしかかかりません。

 

金利は融資限度額によって異なりますが、年3.0%〜18%に設定されています。

 

いつでもどこでも借入れ可能

インターネットはもちろん、全国の店頭窓口やアコムATM、提携ATMなど数多くの場所で借り入れや返済を行うことができるのもメリットの一つ。

 

ATMでは24時間対応のものも多く、都合に合わせて申込方法を選ぶことができます。

 


 

↓ アコムのデメリット ↓
銀行と比較すると金利が高い

銀行カードローンと比較すると、どうしても金利が高くなってしまうのが消費者金融のデメリット。

 

ですが、銀行カードローンでは借りられない場合が多い学生でも、パートやアルバイト収入があれば借入れできます。

 

総量規制の対象

アコムに限らず消費者金融は総量規制の対象。

 

賃金業法により年収の3分の1以上の貸付は行なえないため、高額融資を希望する方にとっては不向きです。

 

また、これにより無収入である専業主婦は申込み不可。

 

審査が甘い?と評判のアコムですが、配偶者に収入があっても専業主婦は申込みできないようです。

 

アコムの審査に通るか調べられます!